接着剤よもやま話

  • ズバピタセット
  • プラピタセット
  • 変わり種接着剤
  • 布用・木工アクリア
  • 速乾アクリア
  • 瞬間接着剤

接着剤よもやま話

その2 速乾アクリアの巻

手芸や工芸にピッタリの、「速乾アクリア」について聞いてみよう!

私のハンドクラフトもだんだん高度なものになってきまして、今、木と金属を使った五重の塔に挑戦しています。すごく細かなパーツを瞬間接着剤でつないでゆく、気の遠くなるような作業です。

帆船、グライダー、そしていよいよ日本の伝統建築ですか。すごいですねえ。

欲を言えばキリがないのですが、趣味に没頭できるのは週末だけ。
「もっとはやくくっついてくれたら次々先に進めるのになあ」と思う事があります。パワーエースの硬化促進剤ズバピタスプレーが思い浮かんだのですが、スプレーでは細かなパーツの際に他の部分にもかかってしまいます。

なるほど。

それにまれにですが、細い木の柱を木の台座にくっつけたりしても押さえている時間が短かかったためにとれてしまうことがあります。そうなると一からやり直し。ああ、もう日曜も日の暮れじゃないか、と。

瞬間接着剤で繊細な作業をする時に、ピンポイントの接着をスピーディにするためのセットがあるのをご存じですか?スプレーでパーツを汚す心配もまったくありません。

いえ、知らないです。そんなものがあるんですか?

はい。パワーエースのズバピタセットという商品で、左が瞬間接着剤、右がズバピタペンという強力なサポーターです。

この2本、どうやって使うのですか?

とても簡単です。接着する面の片側に、ズバピタペンのペン先をあてて表面をこするように塗付し、もう一方に適量の瞬間接着剤を塗ります。
そして重ね合わせ、10秒程度手を軽くあてて圧着すれば、しっかりとくっつきます。ペンタイプですので、接着したいポイントだけに硬化促進剤を塗ることができるわけです。

なるほど。
ズバピタペンと接着剤を別々に塗って合わせるだけなんですね。これは木同士であってもうまくゆくのでしょうか?さらさらしたタイプの瞬間接着剤だと、木の中に液が染み込んで、なかなかうまくくっつきませんよね。

ズバピタセットの瞬間接着剤は、粘度の高いゼリー状のものを採用していますので、染み込みや液垂れを防ぐことができます。例えば、壁などに塗付しても垂れる心配はありません。

へー、それは期待が持てそうですね。次々、新しい作品にチャレンジできるかも。

ズバピタペンの中身は、ズバピタスプレー同様、プロの間では「瞬間接着剤用 硬化促進剤」と呼ばれ、様々な生産の現場で活用されています。パワーエースはアルテコという世界中に工業用接着剤を供給しているメーカーの一般用ブランドで、ズバピタペンは一般の方にも使いやすく改善された商品なのです。

世界のプロに支持されている性能をそのまま、使いやすくして家庭に、という訳ですね?

そのとおりです。木と木、木と金属などの小さなパーツ同士のピンポイント接着にはうってつけかもしれません。他にも、陶磁器の補修、ゴムの接着なども可能です。万一、靴の底がはがれたりした場合でも、ズバピタセットがあれば素早く直せますよ。

以前、靴を慌てて修理して、はみ出した接着剤が真っ白になり、台無しにしたことがありました。

実はズバピタペンには白化防止の機能もあるんですよ。白化は瞬間接着剤の硬化に時間がかかるほど生じやすいのですが、これを短くすることで発生を抑えます。

趣味にとどまらず実用性も高そうですね。

もちろんです。壁紙、巾木の補修にもうってつけですし、小さなふし穴の充てんをする際にも、ズバピタペンを塗付しておくとはやくきれいに仕上がります。DIYで木をクギ打ちする前の仮止めにも使えます。

明日から土曜。五重の塔の作成が楽しみになってきました。使い方などの注意点も教えてください。

はい。まず、長く作業されるときには、窓を定期的に開けて、しっかり換気をお願いします。また、瞬間接着剤がかたまる際に熱を持ちますので、やけどにはご注意くださいね。

使用後の保管はどうすればいいですか?

開封後は、ズバピタペンと接着剤は別々に離して、ツールボックスや冷暗所に保管してください。2つをゴムなどで束ねて保管したりすると、瞬間接着剤が硬化を起こして使えなくなってしまうおそれがありますので。

分かりました。

ページトップに戻る