接着剤よもやま話

  • ズバピタセット
  • プラピタセット
  • 変わり種接着剤
  • 布用・木工アクリア
  • 速乾アクリア
  • 瞬間接着剤

接着剤よもやま話

その2 速乾アクリアの巻

手芸や工芸にピッタリの、「速乾アクリア」について聞いてみよう!

ちょっと困ったことが起きました。

つけたさん、なんか元気ないですね。どうなさいましたか?

子どもがすごく大事にしているプラスチックのおもちゃを朝、慌てていて踏んで壊してしまいました。もう子どもがすっかり落ち込んで…。

それはお父さんとしては心苦しいですね。

ええ。
家の瞬間接着剤で直そうと思ったのですが、おもちゃのプラマークにPPと入っていまして、以前、よもやまさんに「瞬間接着剤でPPは接着できない」とお聞きしたのを思い出しました。なんとか直したいのでアドバイスをいただこうと飛んできました。

よく覚えておられましたね。はい、瞬間接着剤はプラスチックの接着は得意なのですが、PP(ポリプロピレン)は瞬間接着剤だけでは接着できません。

今、「瞬間接着剤だけでは」と仰いましたね。何か、プラスαのものを一緒に使えば、上手くゆくということでしょうか?

はい、その通りです。瞬間接着剤の性能をより高めるため、いわば「下地づくり」をするような強力なパートナーがいるんです。パワーエースのプラピタセットというこの商品ですが、右側のプラピタペンというのがその強力な助っ人です。接着しにくい素材にこれを塗って、表面を前処理しておくことで瞬間接着剤がしっかり仕事をしてくれるというわけです。

へー、そういうものがあるのですね。でも、くっつけるのに2つも化学製品を使うなんて、難しそうですね。素人でもできますか?

使い方は簡単です。2つの接着面のうち、接着できない素材にプラピタペンを薄く塗りつけます。そして、一方に接着剤を塗り、重ね合わせ、数10秒ほど手かクリップなどで押さえ、圧着してやるとくっつきますよ。

なるほど、ペンを併せて使うことで接着できるんですね。しかも、こういうペンタイプになっていると私たちでも使いやすそうですね。

ええ、そうなんです。ペンタイプなので手を汚さないで簡単に作業できます。ただ、瞬時にはくっつきませんので、先ほど申し上げた圧着だけはお忘れなく。ほんのわずかな辛抱ですからね。

なるほど。プラピタセットのこのペン、魔法のペンみたいなものですね。

実は、このプラピタペンの中身ですが、プロの間では「難接着材用 前処理剤」と呼ばれ、様々な生産現場で活用されています。パワーエースは世界に顧客を持つアルテコという接着剤メーカーの一般用ブランドですが、もともとはこの会社が工業用に開発してきた前処理剤をペンタイプにし、使いやすさを追究したのがプラピタセットというわけです。

そうですか。プロが認める性能がそのまま家庭に、というわけですね。DIYマニアとしてはそそられます!さっそく、これで子どものおもちゃを直してみることにします。

はい、そうなさってみてください。DIYで思い出しましたが、このプラピタセットを使うと、壁に軟質塩ビの樹脂巾木を接着して壁の損傷を防いだりすることもできますよ。軟質塩ビにプラピタペン、壁に瞬間接着剤を塗り、少しの間指で押さえる。それだけです。

軟質塩ビが接着できるとは驚きです。しかし、壁だと接着剤が垂れるでしょう?

いえ、このプラピタセットの瞬間接着剤は粘度が高いゼリー状のタイプですので、その心配はありません。ただ、使いすぎるとはみ出したりして見た目もよくありませんので、最小限の量を塗付するのがポイントです。

分かりました。

つけたさんの奥様は確かハンドクラフトやデコレーションがお好きでしたよね。PP製の衣装ケースに花などのモチーフを付けて飾ったりなさっても楽しいですよ。

いいですね。それは嫁も喜びます。
ついでに持ち運びもしやすくなれば、いいのですけど・・・

でしたら、衣装ケース底の4隅にキャスターを接着してカートにされると奥様でも動かしやすくなりますよ。

それは、助かります。いろいろアドバイスありがとうございます。
何か使う上で注意点はありますか?

そうですね、まずは接着するものがプラスチックかなと思ったら、その種類をチェックする習慣をつけられるといいですね。
多くのものはパッケージや本体に、「プラマーク」として表示されています。分からなければお店の方に尋ねるのもいいでしょう。

そうですね。瞬間接着剤だけでくっつくもの、くっつかないもの、知っておくのは大事ですね。
プラピタセットの保管方法はどうすればいいでしょう?

開封後は、接着剤とプラピタペンは別々に離して、ツールボックスや冷暗所に保管してください。一緒にゴムで束ねて保管したりすると品質が劣化するおそれがあります。

分かりました。

ページトップに戻る